[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) DS9感想 忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Looking for Par'Mach in All the Wrong Places」

ステーションにやってきた、クワークの元妻・グリルカにウォーフはひと目ぼれ。それなのに、彼女へ想いを伝えることが許されないばかりか、彼女とクワークの仲をとりもつことになってしまい・・。 



アレクサンダーを造った時もそうでしたが、ウォーフはホロデッキ(スィート)でヤるのが好きですね・・(笑)

グリルカの護衛のソポック(←ヴァルカン人みたいな名前)を演じてる役者さんは、TOS「Miri(400才の少女)」の、軍帽をかぶった男の子やってた子役だそうですね。・・・・めっちゃにくそい面構えのがきんちょは憶えてますけど、軍帽の子ってのは分からない・・今度のNHKの放送で確認しようっと。

オブとキラが、お互い意外と相性がいい(?)と気付く話でもある・・やっぱ、ケイコを奥さんにしてるだけあって、気の強い女性の扱いに慣れてるから?(笑)

2人は出会った時に既にオブは結婚して子供までいて、お互い恋愛対象として見る可能性すら全く無かった・・それが、こうして擬似夫婦やってるうちにアブナイ雰囲気になってきて・・。

「このままでは一線を踏み越えかねない」と気付いた2人が、一緒に休暇に行かないことに決めた後、それでも、「(一緒に)行ってみたかった」と言えるオブライエンの男らしい気遣い(というか、本音)が、心ニクい&切ない。

ケイコの立場にたてば「おいおい」でしょうけど、たとえ結婚してても、誰かに恋してしまう、心の動き自体は止められないものでしょう。問題はそれを、心の中だけにとどめておくか、実際の行動にうつしてしまうかの違いな訳で。

私がケイコなら、夫に、「行ってみたかった」位のことは、女に言える男であって欲しいような・・勿論、本当に一緒に行ったら絞め殺しますけど(笑)
PR
原題は「The Ship」

ガンマ宇宙域の無人惑星で鉱物の調査を行っていたシスコ達は、ジェムハダーの戦艦が墜落してくるのを目撃する。



前に見た時はDS9を見始めたばかりでしたが、今回は、じわじわと死んでいく(哀)オブの部下ムニスが、今までにちょくちょく顔を見かけたことのある人で、余計に辛いというか・・。

ムニスを救う為に、シスコは早く降伏するべきだったような気もしないでもないですが、でも、先に問答無用でシャトルを撃ち落とされて部下を複数名殺されてますから、降伏して助かる保障も無かったことを思えばやはり、徹底抗戦は正しかった・・ということなんでしょうか。

それに、降伏すれば命は助かったかもしれませんが、捕虜となって強制収容所送りだったでしょうし、だいいち、ウォーフが捕虜となるのを潔しとしなかったかも・・。

前の感想とカブリますが、お互いがお互いを信用出来なかったゆえの悲劇・・。

最後、部下を喪って落ち込むシスコを、今回の収穫(ジェムハダー戦艦拿捕)で、大勢の命を救うことが出来た・・と慰めるジャッジア。それは正しいのかもしれませんが、それでもやはり、死んでいった部下ひとりひとりは、かけがえのない、この世にたった一人しかいない人間だったんだ・・と悲しむことが出来る資質を、指揮官(シスコ)は失って欲しくない・・と思います。

勿論、指揮官は必要とあれば、艦全体を救うために少数の部下を切り捨てる選択を迫られる場合もあるでしょうけど(TOSの「The Immunity Syndrome(単細胞物体との衝突)」のように)、それでも、その選択を一生背負う・・心で血を流す「覚悟」が必要でしょうし、指揮官が部下を、この世でたった一人しかいない人間ではなく、単なる「数」としか認識しないようになってはおしまいでしょうから。
原題は「Apocalypse Rising」

クリンゴン総裁・ガウロンが流動体生物である証拠を掴むために、シスコは帝国へ潜入することとなり・・。 



これは、DS9で最初に感想を書いた話。つまり、これ以降は書くの2回目ってのが多くなり、その場合感想が結構淡白(?)になるかもしれません。あしからず。

シスコ達にわかクリンゴンズ(笑)が帝国に潜入する手段として、デュカットが以前強奪して使用しているウォーバードを利用させて貰う訳ですが・・。

前は、単なる部下として、ほとんどパーソナリティを描かれることがなかったダマールが、しっかり性格付けされてて、キャラとして扱いというか、ランクがあがった感じ・・こうして重要なキャラになっていくんですね。

キラとデュカットの会話が爆笑・・面白がって、しいて誤解をとこうとしないキラ(笑) 結局、(少しは仲良く?なりましたけど)キラにとってデュカットは、そういう誤解をされたままでも別にかまわない・・ってことか(まぁ、そのうちすぐ、誰かから事情を聞きつけると思ってるんでしょうけど)

女性の妊娠を、「(相手の男にとって)男冥利につきる」というあたりが、子宝父さん(笑)・デュカットらしいというか・・。子供をもつ=男の甲斐性のうち・・という感じで、だからこそ、ジヤルの母にも堕胎させず、ジヤルを産ませたんだろうなぁ・・というか。

で、クリンゴン船の臨検?を受けそうになって、成功すれば穏便だけど、成功するか危うい方法よりも、過激で人殺しだけれども確実に成功する方法を選ぶ冷徹な非情さが、これまた彼らしい・・。この非情さでもってして、彼はガルにまでなり、そして今まで生き抜いてきたんだろうな・・と。

同胞をむやみに殺されて怒るウォーフの気持ちも分かりますけど、ここで正体がばれて撃墜される訳にもいかなかった訳で・・。まぁ、ウォーフをたててごまかせるかどうか、やるだけやってから発砲・・ってのがベストだったでしょうけど、それでは(発砲が)遅きに失したかもしれませんし・・。難しいところです。

妊娠に関するジュリアンとキラの会話は、キラ=ビジターを妊娠させたのが誰か、分かって見てるとこれまた爆笑。

「よくやってます、輝いて見えます。でも僕が誉めても少佐は嬉しくないでしょうけど」・・お前が誉めんで誰が誉める!

「嬉しいけど、これはあなたのせいだということを忘れないで」・・確かにそうだ!

可変種、格好を真似るのは容易くても、心まで真にクリンゴン戦士たるのはそう、容易くない・・ということですか。

最後のオドー、ジュリアンの処置を待つ間、顔はどうしようもないにしろ、せめて鎧?は脱いだらいいのに・・と思ったり。
原題は「Broken Link」

ガラックの店に呼び出され、美しいベイジョー人女性で、新しく出来たカフェレストランのオーナーであるアロイヤと引き合わされたオドーは、その直後身体がおかしくなり倒れてしまう・・。



オドーがアロイヤと握手した直後にぶっ倒れたので、「あの女、創設者からの刺客?」と思いましたが結局前後編内ではそこんとこはっきりせず。でも臭いですよね、あの女~。

創設者に会って、ドミニオンとの戦いで生き残ったカーデシア人がいないか訊きたいというガラック。それはやはり、テインの消息が気になるから・・なんでしょうね。どう考えても死んでそうですけど。

病を得た身体で、創設者に会うべくステーションを出ようとするオドーを見送る、クワークの言葉・・。相変わらず、素直じゃない友情物語を展開する2人。

「偉大なるつながり」にうっかり、石を投げそうになってしまうジュリアン・・(笑) しょん○んでなくてよかった・・。

「おしおきだべ~」ということで、人間にされてしまったオドー。「い、今ならキラを孕ませられる!」と思ったらオブんちの子供という先客が・・(笑) タイミング悪いYO!

そして、半年のブタ箱送りになるガラック・・。ジヤルは面会に来てくれるのでしょうか?(来てくれるでしょうけど)
原題は「Body Parts」

身重のケイコが、キラ&ジュリアンとともにガンマ宇宙域に植生調査に出かけており、オブライエンは心配で気が気でない。

一方、フェレンギ星への里帰りから戻ったクワークは、やけにロムに優しい。なんと彼は、星で評判の医者から不治の病だと診断されたと言い・・。



キラがケイコの子供を代理妊娠。移し変えの医療処置をとったのがジュリアンなので、キラが「あなたのせいよ」とか言って責めると、現実でキラ(ビジター)を孕ませたのも本当にジュリアン(シディグ)なので、「まさにその通り」としみじみ出来るというか・・。とにかく、キラの妊娠がらみの話題の時にジュリアンが映るだけで「犯人(?)はこいつだ!(笑)」とツッコミまくる日々が始まったのネ・・というか。

今は別れた訳ですが、それでも子供本人(ジャンゴとか言いましたか)にとっては、出会ってくれなければ、くっついてくれなければ、自分は生まれてくることが出来なかったんですから、何はともあれスタトレさまさま。「スタートレックが存在しなければ、この世に存在し得なかった子供」・・。

医者のクワークの誤診は、ブラントの、クワークをフェレンギ社会から抹殺したいがための差し金だったんでしょうか。

宗教(の聖典に書かれていること)に縛られ過ぎて、現実世界の幸福追求をおろそかにしている(としか思えない)人達を揶揄した話・・ともいえるのかも。勿論、宗教を頭ごなしに全否定する訳じゃない・・信心と立派な社会性を共存させてる人の方が多いと思いますが、それでも自爆テロとか、無信心な人間からは理解し難い行動とる人もいる訳で・・。

まぁ、自爆テロとかは、宗教だけでなく、政治・外国資本・貧困・部族対立等々、いろんな要素がまじりあった結果起きることでしょうから、一概に宗教にだけ責任を負わすのは間違ってるかもしれませんが・・。

「うそも方便」ならぬ、「掟破りも方便」というか。

それにしても、十分「おいおい」と思えるクワークのやり口も、やり手の監査官から見れば「生ぬるい!」ってのが・・(笑) しかしクワークが生きることを選択したのはいいですけど、お国にいるマミーは大丈夫なんですかね?

友達は最高の財産というオチが爽やか。あくまで素直じゃない形でクワークへの友情を示す連邦の連中・・ああいうクッサい、白々しい演技(笑)が、日本人は照れてしまってなかなか、出来ないんですよね・・。
原題は「The Quickening」

ガンマ宇宙域のパトロールにでかけたシャトルは、救難信号をききつけてとある惑星に向かう。そこはかつて高度な文明を誇ったものの、ドミニオンに逆らったため、見せしめとしてジェムハダーに破壊し尽くされ、生まれながらに「ブライト」という、治療法の無い、発病すれば必ず死ぬ病に住民皆が侵されていた・・。



この話も昔見た話・・懐かしい~!先にこれを見てたんで、初期のチャラ男(?)なジュリアンには違和感を覚えたものです。

エコリアの、「私もこの子のために生きたい。初めて歩き出した時に手を取っていたいし、転んで怪我したら膝にキスをしたい」に泣かされる・・。望んで妊娠した女性の多くが、ごく当たり前のこととして享受する、子育ての喜び。それが、この星では、彼女には、「当たり前」ではないんだ・・と。

また、落ち込むジュリアンへの、ジャッジアの「確かに傲慢だったかもしれない、でも見つけられないからといって治療法がないというのはもっと傲慢じゃない」も、いい台詞ですよね~。単に優しい言葉で慰めるだけじゃない、時と場合によっては、ちょっと厳しい言葉の方が、本当の励ましになる・・というか。

それを言ってあげられるジャッジアと、それを受け止められるジュリアン・・いいよなぁと。

それにしても、前回見た時も思いましたが、エコリアよりわずかに早く出産した母親、悔しがるでしょうねぇ~。まぁ、ジュリアンが研究を続けてくれてますから、いつかは罹った人も治せるようになるかもしれませんが。
原題は「To the Death」

ディファイアントが留守中のDS9を、民間船に乗ったジェムハダーが襲うという大事件が発生する。ワームホールを越えて追跡を開始したシスコ達は、爆発寸前のジェムハダー戦闘艦から、ボルタ人とジェムハダーを転送収容、そのボルタ人・・ウェイユンから、ステーションを襲ったジェムハダーは裏切り者で、ゲイトウェイを復活させようとしている・・と聞かされ・・。



この話は昔見ました。食堂で、オドーに熱視線を送る(笑)ウェイユンをよく憶えています。大体ここら辺から、DS9を見始めたんですね、我々は。

思わぬことで、ジェムハダー達と共同戦線をはることになったシスコ達。ウェイユンとの腐れ縁(笑)も、この時から始まっていたんですね。ウェイユン、シスコにゲイトウェイのことを話す時の、最初低姿勢→最後超凶悪で本性丸出し!なのが、彼らしいというか・・。

ジェムハダー、連邦の人間とはとても相容れないようでいて、ジャッジアと結構仲良く(?)話してたり。まぁ、あれは老練な彼女だからこそ・・か。

最後、ジェムハダーのリーダーはウェイユンを殺してしまいますが、彼なしでテトラセルホワイトの箱は開くんでしょうか?また、裏切り者を掃討したとしても、その後ドミニオンに帰った後、ウェイユン殺害を責められることはないんでしょうか?まぁ、ウェイユンは殺されても(以下自粛)
原題は「For the Cause」

シスコとキャシディの関係は順調だったが、彼女は相変わらず忙しい様子で、ベッドにシスコを置き去りにして仕事に出かけていった。

一方、エディングトンは上級士官に、連邦がカーデシアに提供するレプリケーターがステーションを経由するという、極秘任務についての報告を行う。その後、エディングトンとオドーは、シスコにステーション内にマキの関係者と疑われる人物がいることを告げた。なんとそれは、キャシディで・・。



以前、キャシディが、シスコの「積み荷を手伝おうか」という申し出を断った・・ってのも、このことへの(さりげない)伏線だったんでしょうね。

それにしてもエディングトン。この人、ずっとセクション31の人間かと思ってたんですが、マキだったんですねぇ。最後、シスコへ宛て通信してきた時の、モニター越しの表情が、ステーションではいつも冷静で能面(?)のようだった彼とは思えないほど生き生きしてて、マキの一員としての彼が、本当の彼なんだなぁ・・としみじみ。彼の、連邦もボーグと同じだ・・という言葉が重い・・。

それでも、マキはこの、レプリケーター奪取という大きな作戦の成功のために、いままでこつこつ、マキのために働いてきたキャシディを、対シスコ用の囮として切り捨てた訳で、大義のためとはいえ、身内を見捨てるそういうやり方は許しがたいような・・。

保安部門の責任者の少佐がマキだったなんて、セキュリティ的に大問題・・これからいろいろ、コードとか変更しないといけないでしょうね・・。そしてかつて、オドーを煙たがってエディングトンを保安責任者として此処へ送りこんできた連邦の偉いさんは、面目丸潰れ。

エディングトンに、めちゃくちゃ腹は立てていても、「殺してやる」とは言わない・・「捕まえて有罪にしてやる」というシスコが、連邦士官らしい・・(笑) イントロダクションでの、枕をとっかえるとこはかわいい・・。

そして、キャシディに「ライサに行こう」と、捕まらない為に最後の救いの手を差し伸べて、拒絶される・・あのシーン・・双方、切なかったですよね。キャシディも、あれでシスコが自分を疑っていることを決定的に知って、それでも、マキとしての使命を優先した・・。

最後、捕まると分かっていてステーションに帰ってくる彼女も切ない・・。逃げれば捕まることはなくても、シスコとの縁は永遠に切れてしまう・・。彼を愛しているから、終わりにしたくないから、帰ってきた・・。
原題は「The Muse」

プロムナードを眺めて、小説のための人物スケッチをしていたジェイクは、エアロックから降りてきた、一人旅らしき女性と目があう。

一方、オドーが保安室に戻ると、ラクサナが泣いていた。彼女は妊娠していると言う。



ベタゾイドって、いくつまで妊娠できるのーっ!!(驚愕) それにしてもさすがラクサナ、登場すると強烈過ぎて、もう半分のパートが完全にかすんでしまいますね・・(笑)

まぁ、弟が出来て、ディアナにはよかったでしょうね。第五王家の跡も継いで貰えるでしょうし、なにより母の関心がこの先当分、幼い弟に集中するであろう=自分はほっといて貰えるってのが・・(笑)

ラクサナの夫の頭・・ピカードといい、彼女は結構、ハゲ好みなんでしょうか・・?こうして別れざるを得ない以上、あまりいい夫ではなかったようですが、一度は夫に択んだ訳ですし、去り際の潔さといい、根本的には悪い人ではなさそうな・・。幸福な結婚でなかったにしろ、息子を授かることが出来て、それは良かったでしょうし。

そして!オドーとラクサナの結婚式!結婚そのものは偽装とはいえ、オドーが彼女に特別な友情と感謝の意を抱いているのは事実・・彼女を讃えるプロポーズの言葉、良かったですねぇ。

ただ、本気でオドーを好きなラクサナにとって、あの言葉は嬉しいと同時に、悲しくもなったであろう・・そして最後の、早々たる別れを、彼女は決意した・・と。こと恋愛において、なんとなく押しの一手!といった印象の彼女ですが、実は結構、相手の気持ちを慮れる、節度と引き際をわきまえた女性なんですよね。このままオドーの優しさに甘えて、「それ以上」・・自分の気持ちと同等の真剣さを、彼に求めるようになってはお互い不幸・・このまま、敬意を持ち合える友人同士でいたい・・。

ラクサナの恋愛エピは、TNGの「決別の儀式」がベストでしょうけど、本作もなかなかいいような。オドーのおかげもあって。
原題は「Shattered Mirror」

プロムナードから自室に戻ったジェイクは、部屋で、父とソファーに座っている女性の顔を見て「ママ」と驚く。



平行世界ネタ第3話(でしたっけ)

前回騙してた人に殴られまくるシスコ(笑)

シスコはジェニファーを失い、ジェニファーはシスコを失い・・それでも、シスコにはジェイクという息子がいる分、ひとりぼっちのジェニファーよりは救われているんだなぁ・・としみじみ。

捕まってもふてぶてしい・・口のへらない辺りは相変わらずのキラ(笑) 「妻はお前に死刑にされた!」という男に、「あなたが独身ならと思ってたの」とカエすところには感心というかあきれるというか・・。

キラ監視の男を倒したノーグは、あの男にばっちり姿を見られている=テラン側を裏切ったということがバレてしまってもかまわない・・というやり口でしたが、キラを助ける理由が、彼女が伯父や父を殺してくれたおかげでバーが手に入ったから・・つまり、彼にとってはあのバーで、そのまま商売を続けることが大事だった訳で、ノーグの読みというか希望では、同盟がテロックノールを奪還する・・とみてたんですかね?

捕まっても口がへらない・・といえばガラックも。首かせはめられてワンコ状態(笑) 執政官として権力をふるうウォーフはのびのびしてるなぁ~。この2人のやりとり・・「お前は俺の好みじゃない」・・好みだったら怖いよ(笑)

ジェイクを本当の息子のように思い、キラの銃口からかばったジェニファー。そんな彼女を、母だと言い切るジェイク・・(泣)

そして、1度ならず2度までも「ジェニファー」を喪うシスコ(大泣) この悲しみを分かち合える、唯一の人間=「家族」であるジェイクと、抱き合って慰めあうラストシーン・・(哀) 2話続けて最後、泣かされてしまいましたワ。
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]