[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) TAS感想 忍者ブログ
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題はThe Counter-Clock Incident。

表彰を受けるべくバベルへ向かう、初代船長エイプリル閣下夫妻を乗せていたエンタープライズは、爆発する星へ超高速ワープで突進する航宙艦を発見する。星へ到達すれば高温で死んでしまうため、エンタープライズはその艦を止めようと牽引ビームで引っ張るが、逆にその艦に引きずられる形で星の中に突入してしまう。

最期を悟り、同乗の夫妻に謝るカークに、「覚悟は出来ている」と語るエイプリル。しかしなぜか、エンタープライズは高温で溶けることもなく、航行を続けていた。そしてメインスクリーンに映し出されたのは、白い宇宙に黒い星・・彼らは全く別の宇宙に来てしまっていた。そこでは言葉も時間の流れも逆・・。エンタープライズを引きずった航宙艦の女性の協力を得て、元の宇宙に帰るべく、爆発する星に再度突入する作戦を展開するが、クルーはどんどん若返って子供になり、艦を操縦出来なくなってしまう。

どんどん若返るクルー達・・スポックは長命なバルカン人ゆえ、地球人クルーに比べると若返るスピードは遅いとはいえ、それでも青年→この前の、従兄弟に扮して助けにいった頃の自分そのままな少年姿にまで、若返る・・。カークに至っては、少年を通り越して完全に赤ちゃんになってしまうんですが、その姿がめちゃんこかわいい(笑) ウーラもいたいけな少女姿になりますし。とにかく、ここら辺の絵ヅラは必見!という感じです。

ドラマ的な味わいの部分は、老人から若返ってちょうど、働き盛り(?)な大人になったエイプリル夫妻の「選択」が担っている・・女なだけに、一瞬、この姿のままでいようかと思う妻に、もう生まれてきた役目は果たした・・これから2人でゆっくり余生を送ろうという夫。そして妻もそれを受け入れ、2人は元の姿に戻る。

傍で見てると、若返ったままでいた方が・・と思わないでもないですけど、せっかく「とも白髪」でどちらも欠けることなく生きてこれたのを、もう一回やり直すとなれば、今度は運悪く、途中でどちらかがどちらかを失うかもしれない・・そう考えると、夫妻の「選択」も肯けるというか。

Replay・・「やり直し」を望まないほどに、今までの人生・・2人一緒に生きてこられたことに満足している訳で、うらやましい夫婦です。

PR

原題はHow Sharper than a Serpent's Tooth。

地球を探査し、その後爆破して消滅した謎の観測機。その正体を探るべく、やってきた方向へと遡る形で捜索を続けていたエンタープライズの前に、謎の宇宙船が現れた。その宇宙船は蛇のような形の生命体へと変態し、自分は神・ククルカンであると告げた・・。

ククルカンというと、我々にとっては「名香智子先生の漫画の中に名前が出てきたマヤの神様」

地球に文明を授けたが、いつまで経っても自分の望む通りのならない人間に業を煮やしたククルカンは、他の多くの生物のように人間を囲い込むというか、飼い殺すというか、とにかく自分の管理下に入れてしまおうとするのを、カークが止めさせる・・という話。

この話はやや、いまいちかも。一応、神を説得したカークの熱弁や、ククルカンのバリアからの脱出を成功させたスポックの手腕はよしとしても、それら以外はあまり、これという面白みのない話のような・・。

ある意味、「神」はスタトレにおけるNGワードなのかもしれませんね。

原題はMudd's Passion。

宇宙のペテン師ハリー・マッドを発見したカーク達。そこは銀河連盟の逮捕権の及ばない惑星であったが、ハリーの「惚れ薬」のデモンストレーションのからくりを暴いてみせ、彼に、騙されたかけた客達の暴動から身を守る為に自首・・という道を選ばせる。

ハリーはエンタープライズ内に収監され、暴動で受けた怪我をチャペルに診察して貰う。その後のチャペルとスポックのやりとりで、彼女がスポックに恋をしていることを見抜いたハリーは、親切にして貰ったお礼として「惚れ薬」を彼女に渡す・・。

「惚れ薬」を受け取るだけでもアレなのに、その際にハリーにこっそりフェイザーと身分証を盗まれて気づかず、まんまと監禁室から脱走されてしまうチャペルが駄目駄目・・始末書モンでっせアンタ!

で、誘惑に負けてその薬をスポックに使ってしまう彼女。「成分分析したら無くなってしまう」とハリーに言われたとはいえ、そんな、ハリー作の胡散臭い薬を想い人にいきなり使用・・重大なアレルギーとか起きたらどないすんねん!

一見、効果無しに見えたスポックでしたが、その後、ブリッジで「恋をしたようです・・」(笑) そしてハリーがチャペルを人質にしてシャトルで脱走したとなると、次から次にチャペルLOVE!な発言を繰り返し、彼女を取り戻す為の捜索班に志願、カークと一緒にハリーを追って付近の惑星に上陸します。そして、「惚れ薬」が通風孔(?)を伝って艦内に行き渡り、異常はクルー全体に拡がり始まる・・。

「惚れ薬」は、異性間ならラブラブ、同性間なら友情が篤くなる・・とのことで、地上に降り立ったカークとスポックは、まるで「貴様と俺とは同期の桜」とでも歌わんばかりの雰囲気で肩を組み合います(笑)

惑星上には、ウルトラマンかロード・オブ・ザ・リングかに出てきそうな岩石に似た怪物がいて、4人が襲われる・・ハリー達が乗ってきたシャトルも壊されてしまい、エンタープライズに転送を指示しますが、艦内は皆、恋に忙しくて誰も通信をモニターしていない・・マッコイも、「基地に着いたら結婚しよう」と、どこぞの部署の美女をくどいてる始末(笑)

結局、ハリーがまだ持ってた「惚れ薬」(本人いわく、「本当に効くとは思わなかった・・」)を、カークが怪獣の片割れの口に放り込み、自分に惚れさせて、もう一方の怪獣と戦わせて時間稼ぎをし、薬の効き目が切れてきたクルーによってやっと、転送して貰って帰艦。

薬が切れると、今度は反動で相手が厭わしくなるそうで、スポックに冷たくあたるチャペル。スポックに「罪つくりなものを作った」と嫌味を言われても、そんなこと気にするハリーではなく、さらなる野望を口にした、彼の笑い声で終幕(笑)

アニメになっても、やはりハリーは濃い、いいキャラです。この逞しさ&お金への執着、クワークのルーツとも言えるんでしょうね。

そして、薬のせいで、(よりにもよって・・)ブリッジでチャペルラブラブ発言を連発するスポックに大爆笑。

原題はThe Practical Joker。

順調に地質調査の任務をこなしていたエンタープライズは、最後の予定地でロムラン艦3隻の待ち伏せ攻撃に遭遇。「領域を侵犯した」と難癖をつけてくるロムランに、スコットは反撃を主張するが(「あたしのかわいいエンジン」を攻撃したから?)、艦はダメージを負っているし、相手は3隻・・と、カークは撤退を指示、ロムランの追跡をかわすためエネルギー帯に突っ込む。

結果、ロムランは追跡を諦め、エンタープライズクルーは一安心して修理にあたることになったが、その艦内で何者かによるイタズラが多発。最初は笑っていたクルー達も、だんだん事の重大さをさとるが・・。

結局、エネルギー帯に突っ込んだ時にアトミック粒子が船内のコンピューターに入った為、コンピューターがおかしくなった・・いわば、「エンタープライズ自身」が狂ったことが判明。レクルームに閉じ込められたマッコイ達は氷点下の吹雪にさらされ、生命の危機に陥る・・。

アニメではこの時代にホロデッキが実用化されてるということにびっくり。エンタープライズクルーがイタズラに翻弄される様は面白かったです。

最初はたわいない、子供のいたずらレベルだったのが、クルーにまともに艦をコントロールさせない為、コンピューターが艦内に笑いガスを流した・・。それがレクルームにも流れて、猛吹雪の中を凍えそうになりながら、ドアを探して八甲田山な行進を「笑いながら」続けるマッコイ達・・という絵ヅラは、ちょっとゾッとするような怖さもあり。

最後、もう一度エネルギー帯に入れば直る・・ということで、カークがわざとエネルギー帯を怖がってコンピューターを騙した・・エネルギー帯に入るように仕向けて事態解決に至る訳ですが(まさに落語の「饅頭こわい」だ)、何故カークに「再度エネルギー帯に入れば直る」と分かったのかが謎。たんなる閃きということ?もう一度入ってさらにコンピューターの狂気が増して事態悪化・・って可能性もあったんじゃ・・?

原題はThe Terratin Incident。

任務中のエンタープライズは、本来の調査対象とは別の、人の居住していないはずの惑星から謎の通信を受信する。マッコイは反対したが、カークはその惑星に向かうことを決定。

接近すると、惑星からの衝撃波がエンタープライズを襲い、エンジンの結晶が使い物にならなくなったばかりか、周りの物体がどんどん、巨大化していく・・しばらくするとそれは、周囲が巨大化しているのではなく、自分達人間が縮んでいるのだと判明。こののまま縮んでいけば、やがてミリの大きさとなり、艦の操縦が出来なくなってしまう・・。

何と言っても、約5cm?に縮んでしまったエンタープライズクルー達の、それでも頑張ってあれこれこなそうとする姿が面白い!

コンソールに登る為にハシゴをこしらえたり、普段なら指先ひとつで押してるボタンを手まるごと使ってたり、ボタンを押す為に(背が届かないから)棒を使ったり。イッツア一寸法師ワールド!一番「おぉ(笑)!」と思ったのは、事態解決の為に惑星に降下することを決めたミニカークを、これまたミニなスコット達が転送する為、あの、押すんじゃなくて上下させるタイプの転送スイッチを、紐を使って綱引き状態で皆で「よっこらしょ」とするシーン。

とにかく、そういう絵ヅラが面白いので、この回は結構お勧めかも。

結局事件は、昔の地球からの移民の子孫で、この星に来たことで小さく縮んでしまった惑星住民が、火山活動で危機に陥り、そのことを航宙艦に知らせて助けて貰う為にしたことだと判明(なので、アニメ版の「惑星スカロスの高速人間」とも言える訳で)

住民から結晶を提供して貰い、彼らをその、小さなジオラマのような都市ごと救出したカークは、地球に似た快適な星に彼らを移民させてあげる訳ですが・・。

それにしても、転送装置は元の、分子間の距離を覚えているので、転送装置を通せばカーク達、エンタープライズクルーは元に大きさに戻れましたが、惑星住民達は生まれた時からこの大きさだから・・ということらしく、転送を通しても小さな姿のまま。

将来的に彼らが他の、一般的な大きさの種族とよく交流するようになったとして、恋に落ちちゃったりしたらどうなる・・そうなったら、一般的な種族の方が、彼らのサイズに合わせて「縮む」しかない・・(後日談で、あの衝撃波は「平和利用できるようになった」と言ってましたし) 別れるとなればまた、転送を使って元の大きさに戻れるでしょうけど、間に子供でも生まれていれば、その子は一生小さいままな訳で。

結構、覚悟のいる恋愛(結婚)になりそうな・・。

原題はYesteryear。

某惑星にある、過去へ行き来できる空間・・絵ヅラ的にもどう見ても「永遠の守護者」なんですが、とにかくTASの世界ではタイム・ボーテックスと呼ばれているそれで、歴史調査に赴いていたカーク達。彼らが現在に戻ってくると、カークと、スポック本人以外は誰も、スポックを知らない・・という世界になっていた・・。

どうやら学者がタイム・ボーテックスでスポック家の過去を再現中、本来とは違った過去が流れた・・その過去ではスポックは、少年時代の成人の儀式である度胸だめしの際、獣に襲われて死んでしまっていた・・ゆえに「現在」が修正され、帰還したエンタープライズの一等航海士はアンドリア人。

調べると、息子が死んだことでサレックとアマンダは離婚、しかもアマンダは地球へ帰る途中の宇宙船の事故で亡くなってしまったという。自分だけでなく、母も救う為に、スポックはタイム・ボーテックスを使い、過去へと向かう・・。

子供の頃は、まだまだ感情的・・「子供らしい」スポック。近所のクソガキどもに地球人とのハーフということでいじめられて(泣)本当にかわいそう・・。そんないけずなことをいうクソガキども、お前らこそ感情的でバルカン人らしくないっつーの!

そして、度胸だめしに出る自分を心配して勝手についてきた老ペットのアイチャーが、自分をかばって獣から致命傷を受け、苦しませない為に安楽死を選ぶ・・その経験を通して、大人になる・・父の望む通りの立派なバルカン人になる旨、告白をする姿が、切ないです。サレックはうれしそうでしたが、アマンダは胸中、複雑だったでしょうねぇ。

従兄弟のマロン?と称して、過去の自分を助け、立派なバルカン人になるべく諭していくスポック。しかし過去を修正後、アイチャーを亡くしたことがショックだったとカークに告白したり、エンタープライズに戻ってからマッコイに冗談を言ったりで、最後「私も地球人の血をひいているんだから、たまには(冗談も)いいでしょう」とかいったりする・・すごく、人間的な部分に歩み寄りをみせるスポックが新鮮?というか。

そう、いつもこういう風に、素直に自分の中の「半身」認めちまいなよアンタ・・無理に地球人的な部分を抑えつけなくても、バルカンな部分もどっちも、「自分自身」なんだから・・。でも、(本当は結構情熱的?なくせに)意地っ張り&頑なに、「バルカン人」であろうとする姿がまた、いいんですけどね・・。

原題はThe Ambergris Element。

地震で陸地が減り、海が多くなった惑星アルゴ。その海に宇宙ボートを浮かべて調査中だったエンタープライズクルーは、巨大な両生類の襲撃をうけ、ボートごと、カークとスポックが行方不明になってしまう。数日後、マッコイ達捜索班はぼろぼろになったボートと、まだ生きている両名を発見したが、彼らの肺は変化し、水中でしか生きられない身体になっていた・・。

どでかい両生類に襲われて宇宙ボートですら行方不明になったというのに、その後の捜索で同じ海に、宇宙ボートより貧弱な船浮かべてカーク達を探す、マッコイ達の気がしれない・・普通、ミイラとりがミイラになるっちゅーの!まぁ装備的に仕方がなかったんでしょうけど。捜索しない訳にもいきませんしね。

やはり何といっても、水中でしか生きられなくなって、エンタープライズ内の即席特製水槽の中にいるカークとスポックの絵ヅラが爆笑もんというか。あと、アルゴの海をスイスイ泳ぎまくる2人もかわいいです。しかし水の中にいるというのに、髪が全く乱れないってのは・・。

彼らがそんな身体になったのは、そのままでは溺れ死んでしまう・・と思った海底人アーカン族の処置だった・・で、元の身体になりた~いと、カーク達は彼らにお願いするのですが、その方法を記した先祖の資料を読むことは部族の掟に反するという・・。

結局、やたらとカーク達の肩をもってくれる姉ちゃんのおかげで無事、事態は解決に向かうのですが・・。それにしてもあの姉ちゃん、ほいほい掟破り過ぎちゃうんか?・・と思ったり。結果オーライとはいえ、あまりな尻軽(?)っぷり・・勿論、古老達のようにやたら疑り深いのも困りもんですけども。

原題はThe Jihad。

かつて軍事帝国だった惑星スカーに平穏をもたらした、平和主義者の魂。象徴として大事に保管されていたそれが何者かに盗まれ、皇太子の言によると銀河連盟の人間が関わっているという情報もあるという。このことがスカーの民にもれれば、銀河連盟に対して戦争を起こしかねず、未然に防ぐため、カークとスポック、そして一芸(?)に長けた銀河連盟の惑星からのスペシャリストがチームを組み、魂が持ち去られたらしいという惑星マッドに向かうのですが・・。

惑星マッドときいて、ハリー・マッドの星か思いましたが、全然別物でした。

オーシャンズよろしくチームを組んだ面子は、スカーの軍事責任者でもある皇太子、指揮のスペシャリストのカーク、科学のエキスパートであるスポック、勘のするどい女ハンター(「ハントレス」か?)、力自慢(?)っぽい爬虫類型異星人、鍵の専門家の青虫っぽい異星人エム・・の6人。

鍵の専門家なだけに体力がない?エムが「疲れた」というと、爬虫類の彼が抱えてくれるのですが、なぜかお姫様抱っこ・・(笑)

そしてやはりというか、女ハンターに好かれ、あれこれコナをかけられるカークですが、任務中ということでそっけない態度。勿論、任務優先な態度は当然のことですけど、そこはかとなく、あまりこの女が好みじゃないんだろうな・・という感じがして、そのそっけなさ・・乗ってこない様子がなんかちょっと面白かったり(となりでスポックが目を光らせているから・・という解釈も出来る訳で)

で、結局事件は、ノーモア平和ボケ!戦争LOVE!な皇太子(ある意味、上杉謙信のような人だ・・)が仕組んだことと判明。翼が生えているので飛べる彼が、「同じ条件で戦ってやる!」と空間を無重力にしたところ(こういうプライドの高いとこが王子様よねぇ・・という感じ。駄目っすよ自分の有利を譲っちゃあ。小汚くても勝負は勝たなきゃ!)、カーク「無重力空間での戦闘訓練も受けたよな!」スポック「勿論です!」ってな感じでノリノリ(?)なスターフリート2人組の活躍であっさり、皇太子は捕まる・・。

事件は公に出来ない・・と、斡旋人の異星人からは謝礼も貰えず、お礼の言葉だけでオーシャンズ(?)の面々は各自の船に戻されるのですが、「事件は起きなかった」ことにするためなのか、エンタープライズを出て、まだほんの少ししか経っていない時刻に、2人は戻される・・時間あやつれるなんて、なんちゅー恐ろしい異星人やねん、あの斡旋人・・(怖)

原題はThe Slaver Weapon 。

10万年前に滅びた謎の超文明スレーバーの遺物が収められた、「時間の止まった箱」タイムレス・ボックスをシャトルで移送任務中のスポック・カトウ・ウーラ。

美しい惑星付近でタイムレス・ボックスが共鳴を起こした・・それは、この星にまた別のタイムレス・ボックスが存在する証である為、指揮官のスポックは調査を決定、上陸するものの、それは何回も地球と矛を交えてきたクーガン人の罠であった。3人は捕らえられ、ボックスを奪わる・・クーガン人がその中から取り出したのは、次から次に形態と能力を変える、謎の武器であった・・。

まず、アニメでエンタープライズを離れた、シャトルでの任務中の話・・ってのは初めて見たので新鮮でした。女と菜食を見下すクーガン人を油断させるため、ウーラに役立たずのように振舞え・・と言った後で、ウーラが気を悪くしたのを看てとって、「私がそう思っている訳ではない!」と慌てるスポックがかわいい・・(笑) 「ヴァルカンキック」も炸裂させるし(笑)

トリオがなかなか、いい味を出してます。カトウも、(昔の)武器に詳しいという、そういや「おかしなおかしな遊園惑星」で、火薬式銃ではしゃいどったよなぁ・・というのを思い出させる設定がでてきますし。

原題はThe Time Trap。

昔から航宙艦の消失が相次いでいる空間に、よせばいいのに調査に出かけていき、案の定、ミイラとりがミイラになるエンタープライズ。

クリンゴン艦ともども、宇宙ポケットなる空間にはまりこむ・・そこは、入るのは比較的容易だが、出るのはとても難しい・・ゆえに、今までこの空間に捉われた、さまざまな惑星の航宙艦の乗員達が、暴力を禁じることで平和的に共存していた。

新参者であるカーク達に事情を説明してあげる法律担当の女性が、なぜか水着姿(笑) 実はそんな格好してたのにもちゃんと理由があって、後で彼女はオリオンの女性だと分かる・・肌の色が緑やないから分からへんっちゅーの!しかも時間の都合なのか、踊りのシーンが一瞬でしたし。

外の、元の世界に戻りたい・・と願いつつ、もう諦めきってしまっていた彼女。エンタープライズに便乗してけばよかったのに・・(かわいそうに)

宇宙ポケットの中で暮らすさまざまな惑星人の絵ヅラが、「あいつはアンドリア人!」「サレックに喧嘩売ってた種族!」等々、TOS時代のオールキャスト!って感じで面白かったです。

そんな中で、仕切ってるのがやはり、論理的なヴァルカン人ってのが「らしい」ですよね。エネルギーが尽きるまでの時間との勝負でしたから、彼とスポックが交流をもつ機会が無かったであろうことが残念。時間の余裕があれば、彼らがヴァルカン式挨拶で別れるシーンとかあったらよかったのに・・と思ったり。

クリンゴンの腹をさぐるため、ミョーに馴れ馴れしいスポックと、パーティーで女がらみのトラブルを起こしたのがマッコイだった・・ってのが笑えます。

●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]