[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) 忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、TNG放映やってて、ツイッターからリンク貼る機会もあるので、消えないように保守書き込み。本当、時間的余裕があれば話数順、シーズン順に並べ替えしたいんですけどねぇ。あと、(私にとってはやはり、スタトレ=TVなので)あまり執着してなかった映画シリーズも、ザ・シネマの一挙放送で大体録れる(はずな)ので、見てなかったやつをそのうち見て、感想書けたら…と思います。

PR

長い事借りていた、インフォシークのiswebライトが2010年10月末をもってサービス終了となる為、このブログの属してたHP「Star Trek Annex」は閉鎖とします。長い間ありがとうございました。

この感想ブログ自体は忍者さん(別サービス)なので、10月以降も消えることはありません(更新しないままだと、いつか消されてしまいますけど、とりあえず当分はまだ、大丈夫かと) 時々気の向かれた時にでも読みに来て頂けるとありがたいです。

いつか別の新しいHPを借りたあかつきには、ログとしてここの感想(できれば、シーズン別・話数順に並べ直そうかと)+自分の描いたスタトレの絵を展示出来れば…と思ってます。それがいつになるかは、分かりませんが…。

simon1.pngshaun2.pngshaun3.png










消されると困るので、書き込み。5ヶ月も放置してしまってすみません。何か、新しいスタトレ絵でもあればよかったんですが、最近はすっかり絵を描かなくなってしまって(代わりに、別の海ドラジャンルでSSを書くのに必死…です)

で、よく考えたら、新作映画にサイモン・ペッグ出てたよな…ということで、「ショーン・オブ・ザ・デッド」の頃に描いた彼の絵があったのでひっぱり出してきました

原題は「Star Trek」

新型インフルエンザの影響で開催自体が危ぶまれましたが、パラマウント・ピクチャーズに電話し「予定通り開催」との言質を貰ったので、行って参りました。一応、人の集まる所に行く訳ですから、貴重なストックから一枚割いてマスク装着(今、大阪で普通に売ってませんから…)、最初から最後までマスクしっ放しで映画見るなんて初めての経験。ちなみにこの感想は、ほとんどが私の別の、メインのブログ(映画と海外ドラマ全般の感想)とカブってますが、若干変えてある…私がトレッキーであるという説明とかはこっちでは不要なので省いてます。

で、感想なんですが…ネタバレしない範囲で書くのが結構、難しい…大丈夫そうなところからいきますとまず、面白いことは面白かったです。(ベタですが)冒頭だけで泣きそうになりましたし。しかし、なまじ今までのスタートレックに思いいれの強い人間が見ると、いろいろ複雑な面もある…と申しましょうか。

一緒に見た次姉が見終わって、「ビオランテ…」と呟いたのがツボりました(笑) 何がどう、ビオランテなのかは、ご覧になって確かめて頂きたいんですが、その一言を聞いて私も腑におちた…「何か、見たような気がしたけど、それやったんか!」と。

そんな次姉は、そもそも私がトレッキーになるきっかけの人間…彼女が子供心にTOSを見て、成長してから再度TOSやTNGを見始めたがゆえに、私までどっぷり星の世界にはまってしまった訳で。思いいれは私と同じかそれ以上に強い彼女は、それゆえにかちょっと、本作には拒否反応を。まぁ、確かにストイックなスポックのファンとしては「ナヌ~ン」という感じかも。彼女はサレックにまで、ケチをつけていた…「面長で、この映画版の役者のがスポックに似てるけど、オリジナルのサレックの方がかっこいい」…しょうがないじゃない、マーク・レナード13年も前に死んでるんだから!

でも、ちゃんとオリジナルを踏襲してる数々は微笑ましく。私が一番、「あぁ…(笑)」と思ったのは、最後の方でのカークのスコッティへのむちゃぶり(?) あと、知らない奴が任務に出てきたらそれは……ってのも、オリジナルを踏襲してたかと。

スコッティといえば、見る直前にチラシ読むまで知らなかったんですけど、サイモン・ペッグだったんですね。そういや、出てると聞いたような憶えが…。この、サイモン・ペッグのスコッティが一番、違和感なく受け入れられたような。見た目は全然、オリジナルとは違いますけど、なんかノリとかがいいんですよね。元々サイモン・ペッグが好きという欲目もあるかもしれませんが。あと、マッコイもなかなか良かったです。

という感じで、我々はなまじ思いいれが強い分、本作が今までのスタートレックを知らない&思いいれがない人にとってはどうなのか?がいまいち分からず。次姉も「知らん人が見たら面白いんやろうか?」と言ってました。フツーに、面白いとは思いますし、思いいれがない分、オリジナルと違う点を素直に受け入れられていいような気も…。 

スポックのお母ちゃん・アマンダがやけに若く、美しいと思いましたが、ウィノナ・ライダーだったんですね。びっくり。すごいちょっとしか映りませんよ。びっくりといえば、最後の最後まで、エリック・バナがどこに出てるのか分からず、最後になって、「…ネロか!」と気付いた(遅い) あんな、ハゲの仇役だったとは…。さらにびっくりしたのが、カークの母ウィノナをやってたのがなんと!Dr.HOUSEのキャメロン役の人でした。髪の色違うから全然、気付きませんでした。それに老けましたね…(失敬) 今、04年の姿で見慣れてますから、5年のタイムラグ…女優の5年はでかいよなぁ…と。冒頭のカーク父の乗ってた船の艦長は、アイアンマンの悪役(ラザ)の人でした。どおりで「どっかで見たハゲや」と。

以下、ネタバレ感想。
「トレッキーの名にかけて当てるぜ!」と申したとおり、当てました。5月20日。そもそも私をこの道に引っ張りこんだ、次姉共々見て参ります。
先日の「ウォッチメン」の試写で予告を見ました。

やっぱり、あのカーク役の兄ちゃんは、「プリティプリンセス2」ではちょっと嫌味なお貴族、「スモーキン・エース」では殺人3馬鹿兄弟…をやってた人なんで、なんか悪そうな顔してますね。はたして実際見たらどうなのか?

トレッキーの名にかけて…試写当てるぜ!(って、前売り買えよ!) 
リカルド・モンタルバン(TOSのカーン役)が亡くなったそうで。胸筋ムッキムキだったあの人もついに、旅立ちましたか…。でもまぁ、88まで生きたらよしとせな、あかん方でしょうね。ご冥福をお祈りします。
メイジェル・バレットが亡くなったそうで。まだ76才(スタトレ関係者には、70代でも「まだ」とつけたくなる)…白血病だったそうですけど、もっと…せめて80代後半位まで、生きて欲しかったというか。

チャペルでありナンバーワンであり、コンピューター音声でもあった訳ですが、やはり、ラクサナが一番、印象深い…ご冥福を、お祈りします。
VOYの放送が終わって、今やってるTNGを見てないのでここを更新してなかったら、警告マークが出てきたので、保守書き込み。

TNGも、まだ見てない話が確かあと、1話(か2話)位はあるはずなんで、コンプリートを目指す意味では見た方がいい訳ですが、さすがに今は、クリミナル・マインド、コールドケース、シャークを見るのに忙しくて。シャーク、セブンのジェリさん出てます!相変わらずきれいです!

スタトレの話題といえば、映画が早く見たいですね。
原題は「Endgame」

さて、VOY最終回。初見時は、とにかくあの2人がくっついたことがショックだったかして、感想を書いてなかったので、こうして6年越し(←…)で初めて書くことに。

今回見直して改めて、提督…(←艦長との区別の都合上、こう呼びます) 帰還するのに23年…あれからまだ16年かかり、その間に生命を、人格を、愛する人を、失ってしまったクルーという「家族」の為に、帰還を果たしてからもさらに10年、そして最後には結局、自身の生命すらも、捧げ尽くした…。彼女の人生って一体…という気持ちになったというか…。

勿論、クルーを救う為とはいえ、歴史を捻じ曲げる訳ですから、あの手段には批判も多いでしょう…他の大勢の人達の人生をも、変えてしまうことになる訳ですから、その権利が彼女にあるんかい…という話ではありますし。そして手段の是非はともかく、艦長(家長)である以上、クルー(家族)の為に身を捧げるのはある意味、当然と言えるのかもしれませんが、それにしても…。

艦長になるのは彼女自身が望んだ…択んだ人生だった訳ですし(まさか、デルタ宇宙域に飛ばされるとは思ってなかったでしょうけど)、そういう重たい責任を背負う以前に、既にマークとかと恋愛はしてた…そして艦長になってからも、機会は少なかったとはいえ多少は恋もしましたし、何より、セブンを救い、人として成長させ、ドクターの人格も拡張させてあげ…。

VOYの艦長になってからの彼女の人生に、「私人としての充実が無かった」とは言いませんけど、それでもやはり、艦長としての重た過ぎる責任に、私人の部分が侵されてた事実は否めないでしょう(最後はそれで、命を失う訳ですし) でも彼女はきっと、艦長としての部分に捧げた自分の人生の分量を、寸毫も悔やまなかったでしょうし、責任を投げ出しもしなかった…その姿がなんというか…。

批判もあるでしょうし、それもある意味当然だとは思いますが、とにかく、重たいものを背負いきる、彼女の「覚悟」…腹のくくり具合はすごいというか。

ちなみにチャコティのお墓のシーンが一番好きかも。伴侶としてはセブンを択んだ人な訳ですけど、それでも長い航海を副長として支えてくれた「友人」には違いない…(ある意味で我が子のような)セブンとはまた違った意味で、提督にとってとても、大切な人だった…と。その心を救う(=セブンの命を救う)為に、過去を変える決意をさせるまでに…(←勿論、彼だけでなく、トゥヴォックやその他のクルーをも救いたい為な訳ですけど)

ドクターの、女性の趣味はブレが無いですね…(笑) 相変わらず、金髪の美女がお好みで。
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]