[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) DS9感想「新たなる戦線」 忍者ブログ
[431] [430] [429] [428] [427] [426] [425] [424] [423] [422] [421]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Return to Grace」

カーデシアの前線基地に赴き、ベイジョー情報部のメンバーと共にクリンゴンに関する情報交換を行うことになったキラは、DS9に現れたデュカットの姿を見て驚く。デュカットは、基地まで彼女を送る、カーデシア貨物船の船長が自分だというのだ。つまり、左遷させられた訳で、ベイジョー人との間の娘・ジヤルを連れ帰ったため、軍事顧問の座を失っただけでなく、実母からは絶縁され、妻は子供と家を出た・・しかしデュカットは、失ったものは必ず取り返すと、意気軒昂で・・。


 デュカット、出かける時にキラの荷物をもってあげるのがいい感じ(あちらさんの社会の、当たり前&さりげ?なレディーファースト、いいよねぇ)

そして何気に、ダマール登場。ちゃんと最初から見てた人は、まさか彼があとあと結構重要キャラになるとは、この時点では夢にも思ってなかったでしょうね・・。

ジヤルに護身術を教えてあげたり、この頃は、「上官の娘」として、それなりに普通に接してた訳で、あとあとのことを思うと複雑な気持ちになるというか何というか・・。

前線基地を襲ったクリンゴン艦を、無謀にもオンボロ貨物船で攻撃しようとしたデュカットに、キラは反対しつつも、いざ攻撃となったら、より有効な攻撃目標を指示するあたり、業の深さ(?)を感じさせるというか・・。

そんな彼女を、有能な戦術家として(そして勿論、異性としても)欲するデュカットの口説き文句が・・。自分を好きになってくれなくてもいい・・嫌ってもいいから、協力して欲しい・・と。ジヤルに話した通り、キラはデュカットを永久に赦すことは出来ない訳で、そのことはデュカットも分かっているはず・・自分を絶対愛さない、赦さない女を、そうと知っていても、それでも欲する・・そして受け入れられるという・・。

普通、相手に嫌われたら即終わりというか、諦めてしまいそうなもんですけど、そういう部分を突き抜けた(?)彼の愛(と呼ぼう)は、自分本位・・自分勝手ではありますが(キラの立場に立てば、うっとおしい?)、結構すごい?というか。

まぁ、単に、「キラも自分ならいつかは落とせる」と思ってるのかもしれませんが・・(自信過剰・・) 権力を回復したら、こ憎たらしいガルを左遷してやる・・とか妄想してる性格の悪さも、彼らしくてかわいい(?)です。
 

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]