[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) DS9感想「つくられた記憶」 忍者ブログ
[433] [436] [435] [434] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Hard Time」

異星人の刑務所の老いさらばえた男。彼は、スパイ容疑で20年も服役したオブライエンだった。異星人・・アグラッサの司法局の人間は、彼に刑期は終了したので釈放すると告げる。20年も経って、今更行くあてもないというオブライエンだったが、外に放り出される。

そして、ベッドの上で目覚めたオブライエンは、20年経ってるはずなのに変わっていないキラの姿を見て驚く。実は、現実の時間では数時間しか経っておらず、彼は、脳に働きかけるプログラムによって作り出されたイメージを見続けていたのだ。実際服役したような記憶を与えることで、効率的かつ効果的だと、アグラッサの司法局の人間は言う。キラは現実ではない・・と慰めるが、当の本人のオブライエンにとっては、20年間の服役体験は、「現実」としか思えなかった・・。



でました!またまたオブライエン受難ネタ。毎回毎回気の毒ですが、でも、ウォーフ受難ネタよりは救いがあるのでましかも・・。やっぱ、ケイコ(とモリー)の存在は大きいよなぁ・・。

20年間服役させられた・・という苦難そのものより、その20年間を支えてくれた囚人仲間を、誤解から死なせてしまったという自責の念に、苛まされてたんですよね・・。確かに、人からイヤなことをされたり言われたりで腹が立っても、大抵は時間が経てば忘れてしまえますけど、自分が他人に対して、悪いことをしてしまった・・言ってしまった・・という罪の意識は、簡単には拭えない・・。

根が優しい人なだけに、仲間を、そして家族まで傷付けようとしたことを恥じて苦しみ、自殺しようとまで思いつめる・・。真面目ないい人ほど、思いつめて自殺し易い・・本当の悪党は、自らを責めることがないゆえに苦しまず、自殺もしないんですよね・・。

最後、オブライエンを暖かく迎えたケイコとモリーの笑顔を見て、思わずウルウル・・泣いてしまいました。多少の過ちを犯しても、ちゃんとこうして許して笑顔で迎えてくれる、家族という存在のありがたさ・・。この笑顔を、この安らぎを、オブライエンはついさっき、永久に失いかけていたのかと思うと・・。今回は本当、ジュリアンナイス!お互いがお互いを助け合う、本当にいい親友同士になりましたね。

それにしても、この回は家族・・特にお父さんを、自殺で亡くしたという方には、見るのが辛い回かもしれませんね・・。

冤罪でここまでひどい目にあうなんて!という憤りゆえに、この話に入り込めなかったというご意見もみかけましたが、でも、実際今の世の中で、冤罪で、記憶どころか命そのものを奪われてる人もいるでしょう。

それにそもそも、裁判なんぞ行われることなしに、何の罪もない人や子供が大勢、爆撃や銃撃で問答無用でいきなり殺されてる訳ですし。それを思えばまだ、時間はかかるでしょうけど、克服出来るであろう「傷」程度で済ませたアグラッサは、マシな方といえるのかも・・。今、前述の酷い行為を地球上で行ってる連中に比べれば。勿論、質問程度でスパイ扱い→即、刑執行ってのは酷い・・改善して欲しいですけども。

人が人を裁く難しさ・・人がやる事な以上、必ず間違い(冤罪)は起こりうる・・それを思えば、やはり死刑は廃止すべきのようにも思えますが、過失ではなく、故意で人の命を奪った以上、自分の命で贖うしかないとも思える・・。

とりあえず、性犯罪の重罪人には、宮刑を与えるべきだとは思いますが。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]