[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) DS9感想「モーグの息子たち」 忍者ブログ
[432] [431] [430] [429] [428] [427] [426] [425] [424] [423] [422]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Sons of Mogh」(そのまんま)

ホロスィートのプログラムで、バトラフを持ったジャッジアと、小型の剣・メクラフで勝負していたウォーフは、エアロックで酔っ払ったクリンゴンがウォーフを呼んでいる・・というオドーからの連絡を聞き、現場に駆けつける。

そこには、ここ数ヶ月行方をくらましていた、ウォーフの弟・カーンがいた。彼はウォーフに、「モクトヴァの儀式で自分の命を絶って欲しい」と言い出し・・。



カーンを演じてるのは、「父と子」でおっちゃんジェイクを演じてたトニー・トッドな訳ですが、カーンやってる方が、かっこよく感じる・・。やはり、吹き替えの声がロイエンタール(若本規夫さん)だからか・・。脇役なのに、無駄に(笑)かっこ良過ぎる・・そう感じさせてしまう、若本マジックおそるべし!というか・・。ライカー(大塚明夫さん)とはまた違った、ハンサム声。

ジャッジアはすっかりウォーフと仲良くなってますね。

弟を生かすため、記憶も消して顔も変えて・・。何もかも忘れたはずのカーン(改めロデック)が、それでもウォーフに「あんたも俺の家族か?」と話しかける・・それに対して、「俺に家族はいない」と言うウォーフ・・(泣) 悲しいラストですねぇ。

連邦とクリンゴン、別々の世界で、隔てられて育てられたがゆえに、共に生きることがかなわなかった兄弟・・。

こんなことになってしまうなら、カーンは育ての親のもと、本当の出自を知らないまま生きていた方がまだ、幸せだったんじゃないかな・・という気が。

それにしても、こんな解決策を採れるということは、カーンには妻子がいない訳で、「ウォーフより男前」(TNG時代の次姉の弁)な彼をほっとくなんて、クリンゴン女性は見る目がない?というか何というか・・(ゲイという可能性もありますが)
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]