[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) VOY感想「裏切られたメッセージ」 忍者ブログ
[552] [551] [550] [549] [548] [547] [546] [545] [544] [543] [542]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Hope and Fear」 地球に帰(れ)るという、クルー達の希望と、セブンの恐怖・・な訳ですね。

冒頭でヴェロシティの負けを認めず、艦長にしつこく食い下がるセブンがガキ丸出しでかわいい・・(笑) ハリーに、「君と帰れるの、楽しみにしてるよ」と言われた時の微笑は素敵でしたし。この微笑には、人間としての成長を感じさせられた・・ちょっと前なら「何故、私と帰るのが楽しみなんだ?」とか、言ってたはず。そして艦長に、「ボーグに同化されれば意識は一つになる。その時になったら理解できるだろう」という、笑えない、下手な冗談をかますところはまだまだ、人としての未熟さもあらわで、そこがまた、かわいくて・・。本当、ここら辺からVOYはセブン(とドクター)の独壇場になっていくんでしょうね。

セブンと激しくやりあって、確かに彼女が自分の望んだ通りには成長していなくても、それでも彼女(の存在)を決して投げ出したりはしない艦長は、本当彼女の「親」だな・・としみじみ。

アートゥリスはツインピークスのローラパパ・リーランド役のレイ・ワイズ。吹き替え声がCSI:科学捜査班のグリッソム主任の野島さん。もう5シーズン分、グリッソムとして接してるので、グリッソムにしか聞こえない!

彼も気の毒な人・・。本来は、穏やかで優しい人だったんでしょうに、故郷をボーグに滅ぼされ、ボーグが生命体8472を倒す手助けをしたヴォイジャーを恨んでこんなことを仕出かした・・と。彼の気持ちも分かりますけど、生命体8472を野放しにしていたら、さらに悪い状況になってたかもしれない・・。でも、彼にとっては「可能性」は意味の無い話・・現実に、彼の故郷がボーグに滅ぼされた、その事実だけが、意味のある話な訳で。

野暮なツッコミですが、言語に長けた種族であるアートゥリスが、艦隊からのメッセージを偽装できたのはまだ分かるんですけど、あんな、量子スリップストリームなんて技術を装備した艦を作れるほどの、技術はともかくとして財産を、持ち合わせていたのがちょっと、疑問。ボーグに襲われて命からがら逃げ出した人が・・と。まぁ、元からビル・ゲイツ並みの金持ちだったのかもしれませんが、それにしても資産の大部分はボーグに占領されたことで失ってたでしょうに。もしくは、同族の協力者が大勢いて資金提供を受けてたとか?あるいは、別の種族の艦をどっかからかっぱらってきたとか?←だとしても、事は簡単ではないはず。はたまた、元から手持ちの、ボーグから逃げる時に乗ってきた艦を使ったとか?(あんなでかい、仰々しい艦に乗って逃げたら絶対、ボーグが追っかけてきそうですけど)

最後、艦長とセブンを転送収容して助ける時、ついでにアートゥリスも助けたれよ・・と思いましたが、彼は決して敵(ヴォイジャー)に助命されるを潔しとはしなかったでしょう・・自殺したか、機をみてまたヴォイジャーに害なそうとするかのどちらかであったであろうことを思えば、仕方ない・・だいいち、彼は銃を発射していましたから、転送の為のロックが出来なかったかも?(←TNGでそういう話があったような)

ヴォイジャーの情けを受けるくらいなら、ボーグに同化されることを選ぶ・・最後、ドーントレスの艦長席で、ボーグの警告を聞く彼の姿は堂々としていて、悲しいまでの「誇り」に満ちていましたね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]