[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) VOY感想「火山惑星からの生還」 忍者ブログ
[557] [556] [555] [554] [553] [552] [551] [550] [549] [548] [547]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Once upon a Time」 昔々。邦題、毎度のこととはいえネタバレしてますよ!まぁ、サマンサが一緒なのがレギュラー面子という時点で、生還するのは分かってる訳ですけど。

家族を失った辛い経験をもつニーリックスが、かわいい名付け子のナオミには、そんな思いをさせたくない・・と、彼女の母サマンサが死んだかもしれないという事実を隠そうとしますが、しかし、真実はいつかは告げなければならない・・。そして、愛する家族を失うことは辛いけれど、それでも立ち直って生きていく強さを子供はもっているし、何より、周囲の善良な大人達の支えが大事なんだ・・と。

作中でナオミが遊ぶホロプログラムの世界とキャラクターの、ほのぼの、おとぎ話な雰囲気と、家族の喪失(をどう乗り越えるか)というシリアスなテーマがいい感じ。

ニーリックスはいい人ですし、普段は穏やかで、喧嘩を仲裁する側にまわるような人ですけど、家族に関する辛い経験がときどき頭をもたげて、今回思わず艦長にとってしまったような態度も出てしまう・・。でもちゃんと、それは辛い経験のせいだ・・と分かっている艦長の励ましで、ナオミに事実を話すべきだ・・という結論に達する訳で。

勿論、家族を戦争で亡くすなどという辛い経験はしなかった方がよかったですけど、それを経験してもなお、人としての本質的な優しい、善良な部分はなくさずに生きているニーリックスと、彼の傷を理解し、それを含めてまるごと受け止める艦長の包容力がいい感じ。

デルタフライヤーの乗組員が、それぞれらしい形で遺言を残すシーンもよかったです。映像に頼らず、言葉で気持ちを遺そうとする辺りがトゥヴォックらしいですし、ベラナへのメッセージに、「コンピュータが妬いてるのさ」とか、冗談をかまさずにはいられないのがパリスらしい。

フロッターを演じてたのがなんと!CSI:科学捜査班のホッジス役のウォレスさんでした。ヴォイジャーに出てるとは知ってましたけど、こんな役でしたか!「水の妖精」・・変な役がはまる人だ・・(笑)

で、一応トレヴィスの方も調べてみたら、彼もCSI:やらマイアミやらにゲスト出演してましたが、まだ私の見てない回・・でも素顔を見れば見覚えがある・・よくよく調べれば、ソウ4の弁護士のアート役の人でした。

という訳で、結構意外な人達がゲストキャラだった回。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]