[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) VOY感想「放射能星雲の孤独」 忍者ブログ
[551] [550] [549] [548] [547] [546] [545] [544] [543] [542] [541]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「One」 「独りぼっち」・・シンプルで直截な原題。いいですね。

そりゃ、クルーがあっという間に死んでしまう位の放射能なんですから、艦やセブンのボーグインプラントにも影響が出てもおかしくはない・・それにしても、怖い幻覚でしたね。あんなん見続けたら気ぃ狂う・・セブン、よく頑張りました。

人付きあいというものを、そしてドクターを、あまり重要視していなかったセブンが、圧倒的な孤独を経験してそれらに重きを置くようになる・・人間としていい方に変わっていくきっかけになった・・と。確かにシリーズ後半のセブンとドクターは仲良かったもんなぁ。

ドクターの勧めるホロプログラムの中で、彼と本気で口喧嘩してた時のセブンが、ガキっぽくてかわいかったです(笑)

セブンに艦を任せることに対する不安を述べるチャコティ。あくまで艦長に忠実な彼にとって、時には艦長にすら反抗的なセブンをいまいち、信用し切れてない訳ですが、後のことを知ってると笑える?というか。

で、艦長とセブンの間には特別な・・絆とでもいうべきものがある訳で。平たく言えば「愛」?まぁ、この時点ではまだ、そこまでいってないかもしれませんが、後の話でセブンを救えないかも・・って時、艦長泣いてたもんなぁ。

勿論、クルー全員を部下として愛してるでしょうけど、ある意味セブンは特別。自分が命を救う決断を下した・・人としての彼女(の生命)に対して、自分がおってる責任(の重さ)ってのを、艦長は重々、自覚しているはず。「無事に故郷へ帰す」という責任だけを負ってる他のクルーとは違い、彼女の存在そのものに対して全責任を負ってる・・まさに「親」な訳で。

寝てても、閉所への恐怖心から休眠ユニットを抜け出してしまうパリス(笑) ドクターの、「起きてても寝てても頭痛の種だ」が笑えます。しかし、閉所恐怖症ってのは船乗り・・というか艦隊士官には向いてなさそうな・・(任務の性質上、せっまいとこに何時間も閉じ込められる・・ってのもありそうですし)

冒頭で、放射能の影響を真っ先に受けるハリー。どんだけデリケートなんだよ!という感じ(レギュラーなので死なないとはいえ) こんなところまでお坊ちゃんな性格が影響?(←関係ないよ)

セブンも変わりましたが、クルーもまた、彼女をさらに信頼するようになったんでしょうね。一ヶ月の孤独な任務を全うし、自分達の命を守ってくれたんですから。冒頭で死んだクルーは気の毒でしたが、セブンとクルー、双方にとっては、お互いを良く想い合うきっかけになった訳で。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]