[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) DS9感想「混迷の惑星“ベイジョー”」 忍者ブログ
[374] [367] [365] [369] [366] [364] [368] [351] [363] [362] [361]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題はThe Storyteller。

昔見た話だってのには結構早く気付きましたが、オチはなかなか思い出せないという、毎度の事態(永久運動?)

ジュリアンと2人でベイジョーの惑星上へ救助活動へ赴くという任務に、乗り気ではないオブライエン。ジュリアンの方では彼と仲良くなりたいらしいのだが・・。一方、ベイジョーの対立する2勢力の調停役を果たすことになったシスコとキラは、ステーションにやってきた一方の指導者をエアロックに出迎えに行くが、姿を現したその指導者は、まだ年端もいかない少女であった・・。

テーマは「指導者(リーダー)」ですよね。先代のような立派な指導者になりたい・・と願いつつ、なかなか上手くいかなくて困っている2人の新リーダーをそれぞれ、DS9面子が導いていく・・。

ジェイクの親父自慢に対抗心をもやしたノーグの「うちの親父はずる賢い!」・・(笑)←フェレンギ的には誉め言葉なんでしょうねぇ。

救助活動に赴いた村で、新指導者に祭り上げられてとまどうオブライエンと、結構「もてなされる」ことに慣れてる感のあるジュリアン(←「お坊ちゃん」って感じ・・育ちが良さそう)が、早くもいいコンビっぷりを発揮。

それにしても、「村をひとつにまとめるため」とはいえ、「共通の敵を作る」ってのはなんだかな~・・な気も。それしかなかった・・そこまでせざるを得ないほど、当時のシラー及び村の状況は追い詰められていたんでしょうけど、しかしその後、ダルロックという(仮想)敵を排除することで歴代シラーは特権(あの、貢物の数々)を独占・享受してきた訳で、村をまとめる為のものだったのが、いつしか自分(シラー)の為のものに、変わっていってなかったと言い切れるのか・・?そんな気も若干。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]