[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) DS9感想「夢幻の刻」 忍者ブログ
[375] [374] [367] [365] [369] [366] [364] [368] [351] [363] [362]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題はIf Wishes Were Horses。

ジェイクには、昔の野球選手バック・ボカイが、ジャッジアにつれなくふられたジュリアンには、自分にベタ惚れのジャッジアが、そして娘モリーに童話を読み終えたオブライエンには、お話に登場する妖精ルンペルスチルツキンが、それぞれ現れるという事態が起こり・・。



なにもかも、想像の産物・・DS9を壊滅の危機に陥れた現象すらも・・というオチのあとで、さらにもう一回、実はボカイ達は人間調査の生命体だったという二段オチで、ちょっと分かり難くなってるような気もしますが、客がダボで勝ち続けて真っ青になるクワーク(確かに、賭ける時に負けること考える奴ぁいないわな・・)、偽ジャッジアに振り回される?ジュリアン、プロムナードに現れたバカでかい鳥(あれは一体、誰の想像だったんだよ・・)を追い立てるオドーとかは面白かったです。彼の想像も、彼らしいものでしたし・・(どこまでもお堅いのね)

キラも、彼女らしい・・今までの人生の過酷さを思わせる想像でしたね。それを思えば、想像の産物が、娘に語った童話の登場人物だったオブライエンや、偽ジャッジアだったジュリアンは本当、幸せというか恵まれた人生送ってきたというか・・。

しかし、怪我をした偽ジャッジアを懸命に治療、彼女と心通わせた直後に儚く目の前から消え去られた瞬間の、あのジュリアンの切ない表情・・。←連中も、調査の為とはいえ罪作りなことするよなぁ~と思ったり。結局最後の最後まで、「ジャッジア」とは片思いのまま、終わることを知ってるだけに余計、切ないというか。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]