[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) TAS感想「惑星ファイロスの巨人」 忍者ブログ
[340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題はThe Infinite Vulcan。

植物人間の星で調査を開始した上陸班。しかし凶暴な肉食獣に襲われ、平和を望む植物人間に武器を使えない状態にされているため、スポックをさらわれてしまいます。植物人間の話によれば、昔この星にやってきた支配者ケニクリアス様が、彼をご所望とのこと(←絶句) しかし、大事なクルーを諦める訳にはいかないカークは、いったんエンタープライズに戻って態勢を整えた後、スポック救出作戦を開始します。

さらわれたスポック(姫)を、カーク(王子)達が救けに行く・・どこのヒロイックファンタジーだよ!(照)と思いましたが、この話書いたのって、チェコフ役のウォルター・ケーニッグなんですね。

ケニクリアスは、大昔に行方不明になった科学者のクローン(?)で、まだ宇宙が戦争ばかりだと思っている・・そんな宇宙を平和にするため、強大な人間が必要と思い、その材料としてスポックをさらった訳ですが、「変な目的で攫われたんじゃないか」と一瞬曲解しかねない・・ある意味、「アニメのスタッフ、よく分かってるぢゃん」と、ミョーに感心させられる、そんな話だったというか・・。

それにしても最後、ケニクリアスの作った巨大スポックは、元のオリジナルスポックと精神を分け合った上で、繁殖が出来なくなった植物人間達を救うという使命をはたすため、ケニクリアスの元に残る・・それでいいのかよ、お前?とも思ったり。カーク(達)が、宇宙探検が、恋しくなったらどうするんだよ・・。とはいえ、でか過ぎて物理的にエンタープライズに乗れないんですけどね・・。

こういう風に、クローンにも生きる道を残す話を見るにつけ、TNGの「新たなる息吹」(Up the Long Ladder)で、ライカーとポラスキーがクローンを殺してしまうのがつくづく惜しい・・。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]