[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) TAS感想「ミクロ人間の恐怖」 忍者ブログ
[349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題はThe Terratin Incident。

任務中のエンタープライズは、本来の調査対象とは別の、人の居住していないはずの惑星から謎の通信を受信する。マッコイは反対したが、カークはその惑星に向かうことを決定。

接近すると、惑星からの衝撃波がエンタープライズを襲い、エンジンの結晶が使い物にならなくなったばかりか、周りの物体がどんどん、巨大化していく・・しばらくするとそれは、周囲が巨大化しているのではなく、自分達人間が縮んでいるのだと判明。こののまま縮んでいけば、やがてミリの大きさとなり、艦の操縦が出来なくなってしまう・・。

何と言っても、約5cm?に縮んでしまったエンタープライズクルー達の、それでも頑張ってあれこれこなそうとする姿が面白い!

コンソールに登る為にハシゴをこしらえたり、普段なら指先ひとつで押してるボタンを手まるごと使ってたり、ボタンを押す為に(背が届かないから)棒を使ったり。イッツア一寸法師ワールド!一番「おぉ(笑)!」と思ったのは、事態解決の為に惑星に降下することを決めたミニカークを、これまたミニなスコット達が転送する為、あの、押すんじゃなくて上下させるタイプの転送スイッチを、紐を使って綱引き状態で皆で「よっこらしょ」とするシーン。

とにかく、そういう絵ヅラが面白いので、この回は結構お勧めかも。

結局事件は、昔の地球からの移民の子孫で、この星に来たことで小さく縮んでしまった惑星住民が、火山活動で危機に陥り、そのことを航宙艦に知らせて助けて貰う為にしたことだと判明(なので、アニメ版の「惑星スカロスの高速人間」とも言える訳で)

住民から結晶を提供して貰い、彼らをその、小さなジオラマのような都市ごと救出したカークは、地球に似た快適な星に彼らを移民させてあげる訳ですが・・。

それにしても、転送装置は元の、分子間の距離を覚えているので、転送装置を通せばカーク達、エンタープライズクルーは元に大きさに戻れましたが、惑星住民達は生まれた時からこの大きさだから・・ということらしく、転送を通しても小さな姿のまま。

将来的に彼らが他の、一般的な大きさの種族とよく交流するようになったとして、恋に落ちちゃったりしたらどうなる・・そうなったら、一般的な種族の方が、彼らのサイズに合わせて「縮む」しかない・・(後日談で、あの衝撃波は「平和利用できるようになった」と言ってましたし) 別れるとなればまた、転送を使って元の大きさに戻れるでしょうけど、間に子供でも生まれていれば、その子は一生小さいままな訳で。

結構、覚悟のいる恋愛(結婚)になりそうな・・。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]