[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) DS9感想「血の誓い」 忍者ブログ
[391] [390] [389] [388] [387] [382] [381] [380] [386] [385] [384]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Blood Oath」

DS9に現れた老クリンゴン戦士達。彼らはクルゾンと、ある復讐のために「血の誓い」をたてた間柄であった。ジャッジアにその誓いを守る義務はないと、クリンゴン戦士達もシスコも言うが、彼女自身はどうしても、守りたいと願い・・。



TOSに登場したクリンゴン人達が、こういう形で再登場!しかも役者さん達もちゃんと同じ人ってのがすごいですね~。もう、それだけで座布団3枚あげちゃう!ってな感じ。

ちなみに私はカーン(のエピソード)だけ知らない・・見たことがないんですが、あの、一番愛らしい(?)性格の酒飲み爺が「クリンゴン帝国の侵略」のコールで、ちょっとお堅い、真面目爺が「新種クアドトリティケール」のコロスと知って、懐かしいというか、なんとも言えない気分に。

コロスは、そんな真面目な人だったっけ?という気もしましたが、コールは「さもありなん」という感じで(たしかにあのおっちゃんなら、爺になっても美女を両手に抱えてそうです)、はまってましたね。

クルゾン時代の約束とはいえ、れっきとした艦隊士官であるジャッジアが、復讐という殺人行為に加担していいんかい・・という気はしますが、多分あの、現場になった星は連邦に加入してない星・・なんでギリギリ、連邦の法にはひっかからない・・ということなんでしょうね。

問題は、法律どうこう以前に、復讐のためとはいえ「人を殺す」ということに、ジャッジアが心の中でどう決着・・折り合いをつけるのか?という部分。

あの仇、吹き替えでは「アルバイノ人」となってましたが、顔見たらクリンゴンっぽいなぁ~と思いきや、実際は「アルビノ」だそうで、つまり、彼も白子のクリンゴン人だった・・クリンゴン同士なら、「復讐」は大事かつ当然の権利なので、3爺達にはなんらお咎めは無い訳ですね。

結局ジャッジアは仇を追い詰めますがトドメをさすことが出来ず、それはカーンが果たした・・。でも、「人を殺そうとした」事実・・その重みは、これからも彼女の心の中に、何らかの形で「残る」んでしょうね。

勿論、名づけ親になった、何の罪もない赤子が殺されたとなれば、その復讐を果たしたい・・という、本体を替えてすらも引き継がれる強い思いには、共感出来る・・。

あの、お酒飲んでご陽気にふるまってたコールにも、第一子を殺されたという辛い、悲しい過去があった訳で・・。我が子の復讐の戦いで、名誉ある死をとげることが出来たカーンとコロスは、クリンゴン的には理想的な死に方だったんでしょうけど、友を亡くしたジャッジアには辛いこと。コールが生き残ってくれたのがせめてもの慰め・・というか。

それにしてもクリンゴンは結構長命なんですね。ということは、TNGのレギュラーの中で、一番最後まで生き残る可能性が高いのはウォーフということか・・。まぁ、なんやかやで波乱含みの人生送りそうですから、必ずしも最後まで生き残るとは限らないでしょうけど。生き残るということは、かつての仲間の訃報を聞かなきゃいけない訳で、彼にとってもそれはありがたくないでしょうし。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]