[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) DS9感想「不滅の悪意」 忍者ブログ
[459] [458] [457] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Waltz」

オドー役のレネさん監督作。

前の、ジヤルを亡くした回では「壊れ行く男」といった感じだったデュカットが、今回では、治ったかと見せかけて、実はすっかり「壊れ切った男」と化していた訳ですが・・。

デュカットの頭の中の妄想を、実際にキラ・ウェイユン・ダマール役の役者さん各々が演じる、舞台演劇っぽい演出(デュカットの妄想のキラが怖い・・。ナナ・ビジターは本当、悪女演技がハマる女優さんですね)

演出といえば、「援けが来た」と思いきや、全然別件だったというひっかけな演出が、「羊たちの沈黙」っぽかったり。

人として壊れた敵役と、それに気付きながら、怪我をして身動きとれない主人公・・って設定は「ミザリー」っぽいですし、とにかくあまり、普段のスタトレらしからぬ雰囲気の話ですよね。

そしてこれが、DS9のラストスパート(?)開始を告げる回でもあり。こんな暗くて怖い話が「それ」って辺りがDS9らしいというか・・。視聴者の好みは相当にわかれただろうな・・と。

それにしてもデュカット。キラも一瞬ほだされかけた?ことがありましたし(←ジヤル救出のくだり)、妻やジヤルの母も彼を愛した・・それなりに魅力的な面もある男でしたが、なんというか、自分の非を絶対に認めない男でもあった訳で。

自分の人生が思い通り上手くいかなかったのは、何もかもが、ベイジョー人、中央司令部、シスコ・・等々の、自分ではない「誰か」のせい。

それが致命的だったんでしょうかね。人生、上手く回ってる時はそれでもやっていけたんでしょうけど、挫折し、転落し始めると、終わりのない責任転嫁で、他者に対する憎悪にも、切りがなくなる・・と。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]