[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) VOY感想「消えてゆくクルー達」 忍者ブログ
[523] [522] [521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514] [513]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Displaced」

「とぼけたフリして実は侵略だった」ってのが怖いですが、捕虜にした相手を適した擬似環境の中に住まわせるって辺りが連中、結構甘ちゃんでしたね。普通、殺してしまいそう・・まぁ、それをやるとスタトレではなくなってしまいますけど。

パリスとベラナが、ちゃんと前話で約束したクリンゴンのプログラムをやってる・・話が繋がってるのがいいですね。そして、艦を奪われる侵略モノであると同時に、2人の仲の進展を描く話でもあり。結構ひっぱりますね・・さっさとくっつけよ!(笑)

喧嘩する2人の横で、科学的見地による見立てを行うドクター・・ってシーンが最高に面白いですね。その後、ベラナがドクターの口を使えなくしちゃう→身振りで、「元に戻せ」と訴えるドクター・・ってのも。

ドクターといえば、視覚をいじられてトリコーダー代わりにされるのも面白かったです。便利だなぁ。

段々と人が少なくなっていって切羽詰ってきても、普段はブリッジ勤務じゃない下っ端ちゃんに、「どうだ、保安主任になった気分は?」と冗談が言えるチャコティ、そしてそれに「夢でした」と答える下っ端ちゃんがいいよなぁ。こういう、気のきいた台詞の応酬は本当、海外ドラマの独壇場なんじゃないかと(日本のドラマ、最近ほとんど見てないんで分かりませんけど)

上級士官・・頼れる人がチャコティだけになってしまって、そんな彼がブリッジを離れてしまって、残される下っ端ちゃんが不安そうだったのが「よく分かるわ~」と思いました。あんな状況で副長と離れたくはないわなぁ~。

実は寒さに弱かったクリンゴン・・凍えるベラナを担いででも運ぶぞ!というパリスがよかったです。

ドアの向こうに別の環境・・しかも、面子が行くのが寒々とした氷の世界・・ってのが、TOSの「タイムマシンの危機」っぽかったり(あれは、時間も違いましたけど)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]