[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) VOY感想「遠隔起源説」 忍者ブログ
[521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514] [513] [512] [511]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Distant Origin」

まさかとは思いましたがやはり、あの骨はホーガンのだったんですね・・。確かに、喰われて遺体は回収出来なかったんですから、あの星に骨があってもおかしくはない・・つまりあの制服は、蒸留器に再利用後、パリスがヴォイジャーで迎えに来た時に星に捨てていった訳ですね・・(遺族の為に、せめてもの遺品としてもって帰ろうという発想はないのか・・。遺族が生きてるうちに帰りつけるかどうか分からないとはいえ)

なにはともあれ、死んだクルーの骨までアイデアに組み込んでこんな話考え付く、脚本家っちゅうんは大したもんです。これで飯喰ってるだけのことはあるというか。

爬虫類から進化したヴォス人の生態や、彼らがヴォイジャーを追跡・発見し、姿を隠してパリスとベラナを「雄と雌の求愛行動だ!」と嬉々として観察する様、そして彼らの侵入に気付き、最初は警戒していた艦長が、同じ地球起源の生物だと気付いて楽しそうに調べるところなんかは明るいノリでしたが(←こういうシーンを見るとやはり、艦長は元科学士官だなぁ・・と)、話はやがて、地動説を捨てさせられたガリレオさながらなシリアスな展開に。

通じませんでしたが、大臣を説得しようとしたチャコティの台詞がよかったですね。先祖が遠い星から「逃げてきた」ととるか、「勇敢に苦難を乗り越え、たどり着いた」ととるか。現状で利益を被ってる既存の権威(元老院)にとっては、それを失うかもしれない真実より、まやかしの教義の方が大事だ・・と。

物事ってのは、人(立場)によって、受け取り方・・解釈の仕方がいくらでもあるんだよな・・ってのをあらためて思い知らされる・・。ともかく、マイナスな形ではなく、プラスの方向に解釈すればいい・・というチャコティの指摘・発想の仕方はいいよなぁ・・と。

それにしても本当、最初は故郷と引き離されたとんでもない災難でしかなかったはずのデルタ宇宙域の旅が、こうして新たな事実を大発見したりで、いろいろと実りあるものになっていくのがいいですね。

勿論実りばかりではなく、戦い、仲間の死・・といった苦しみ・悲しみや、全滅の危険は常に孕んでいる訳ですが。でも危険は、たとえアルファ宇宙域で普通に艦隊任務についていたとしても身にふりかかる可能性は常にあるもの・・そう考えれば、若干リスクは高くても、その分未知に出会える可能性も高く、仲間とも家族のように深く関わりあっていくこの旅が各々の人生に与える意味・重みは、大きいよなぁ・・と改めてしみじみ。

さらわれることが多いチャコティは姫体質・・(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]