[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) TNG感想「愛の使者」 忍者ブログ
[75] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わ・・我々は、「アレキサンダー製造の瞬間」を目撃してしまった訳ですなっ!!(←お下劣)しかしまぁ、カーレスと妃の伝説でもそうでしたけど、戦った後のクリンゴン人って・・・・。

ホロデッキで最初に「本番」行為に至ったのはウォーフだったのか・・としみじみ(?)呟くと、次姉「いや、今までにもおるやろう(ドキッパリ)」 ライカーあたりがやはり、容疑者・・?

造られた場所(エンタープライズ)にいずれ還ってくるアレキサンダーは、生まれた川を遡る鮭のよう・・(←?) 

クリンゴン人と地球人の、異なる性質の挟間で苦悩するケーラーの姿が切なかったですね。連邦と交戦していた時代のクリンゴン人は説得など通用しないと、クリンゴン艦を撃墜することを主張する彼女。己が半身である、猛き血に苦しんできた・・・だから、かえって地球人よりもクリンゴン人を信用できない・・・そんな彼女が痛ましいというか・・。

ウォーフのプロポーズを拒絶する彼女。関係を持ったら即結婚・・というクリンゴンの慣習に従う訳にはいかない・・仕事や人生、そういうのをよく考えてから決めるべきだ・・という彼女は、かなり地球人ライクな思想の持ち主な訳ですな。でも拒絶したからといってウォーフを愛していない訳ではない・・ってのが、余計に切ないですなぁ。ウォーフがあの時、「契りの儀式」を持ち出すのではなく、自分の感情を素直に口にしていたのなら、もうちょっと結果は違っていたのでは・・。「お前がいて、初めて俺は満たされる」・・・言うのが遅いんだよっ!!このだらっ(=「あほんだら」の意)!!しかしまぁ、さすがジャッジアが「詩人の心を持ってる」とほめる人だけあって、なかなかにすごい台詞。


それにしても・・・・もし、彼女がウォーフと結婚=契りの儀式を結んでいたなら、後々の人生も変わって、アレキサンダーが母の無い子になることもなかっただろうと思うと、悲しいです。詮無いことではありますが。

[2006年9月17日に2回目鑑賞→一部加筆訂正]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]