[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) TNG感想「怨讐の彼方に」 忍者ブログ
[330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題はBloodines。

結局、ピカードの息子ではなかったことで、ジェイソンの生え際は救われたということか・・(笑)

でも、たとえ本当は親子ではなかったとしても、岩場の上で、わだかまりを抱えたまま終わった、自分と父のようになりたくないと言ったピカードの気持ちと、犯罪歴があろうとも、ありのままの自分を受け入れると言ってくれた彼に、ジェイソンが心を開いた・・それは嘘ではないわけで。だから、ピカードも艦をおりるジェイソンに、自分が大事に思う発掘品を渡した・・。

ピカードが本当の父ではないと分かってから、態度を改めた・・恐縮しだしたジェイソンを見て、逆に今までの態度は、本当の父だと思っていたからこその「甘え」だったんだよな・・とほほえましく思いました。

今となっては確かめようもないことでしょうけど、ジェイソンの本当の父親って・・。「艦隊の人」・・まさかピカードにジェイソンの母を紹介した友人?

ブリッジならともかく、ジェイソンを転送した転送室=転送係の士官がいるところで、ジェイソンに「私は君の父だ」と、人目も気にせず告白するピカード。あの士官の口から話が広まるで~とも思いましたが、恋愛の結果、子供がいたことは別に自然なことで、恥ずべきことでも何でもない・・存在を知ってた上で、父親としての責任を放棄していたというならともかく、今の今まで知らなかったんですし。

ブリッジといえば、そこにいたからダモン・ボックの「お前の息子の命はない!」発言を、ピカードと一緒に聞いてしまったライカーの、その後の気ぃ遣いまくりな様子、そして作戦室で、ライカーにだけ、ミランダとの経緯を打ち明けるピカード・・。彼らはまるで、一方が隠していた昔の恋人のことをもう一方に釈明(?)している、現在進行形の恋人同士のようでした・・。

あんなにほいほい、艦内の人を連れ去られては困る・・ジョーディー&データに、また新しい技術的課題が課せられたことに。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]