[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) TOS感想「ゴリラの惑星」 忍者ブログ
[273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題はThe Galileo Seven。

危機に陥り、とことん理論的に行動しようとするスポックに、感情的になって反発する他のクルー。たしかに途中からはスポックの理論もあのゴリラ的(?)異星人には通用しませんでしたが、少なくとも生き残る為にすべきことをしていましたし、その一方で、たとえ敵であろうともむやみに命を奪うべきではない・・ってのも正論な訳で(スポックのことを好きな)視聴者的には彼を応援・・勿論、自分があの、独りで見張りに残されて結果死んだクルーだとしたらイヤですけど。

いつか詳しい報告を読むであろう彼の遺族は、スポックを恨むんでしょうか?異星人を威嚇ではなく、積極的に撃ち殺すべきだったと責めるのでしょうか?前述の通り、敵だからといってむやみに命は奪ってはいけない訳ですし、その時現場の最高責任者であったスポックが「威嚇で充分」と判断した・・(結果、そうならなかったとはいえ)彼にはそう判断するだけの何らかの論理的根拠があり、そして何より、威嚇ではなく最初からむやみやたらに撃ち殺していたら、もっと悪い結果になった可能性もある(大集団で襲ってこられて離陸できなかったかも)・・それでもやはり、撃ち殺していたらあのクルーは死なずにすんだという可能性だって勿論ある訳で・・。全てはif・・可能性の問題。全滅しててもおかしくなかったあの状況で、2人失いながらも5人帰還できただけでもめっけもんなんでしょうけど、それにしても最後のブリッジのシーンでの大爆笑はないだろう・・という気が(連中捜索にいってさらに1人死んでるんですから) スポックの強情っぷりは確かにかわいいですけど。

最後の最後のどたんばで山っ気を出した(笑)・・イチかバチかの賭けに出たスポックを、船内に煙が出てきて、もう死を覚悟したであろうマッコイが、「人間的になったな」と微笑みながら呟くシーンがいいですよね。若い女性クルーのように死の恐怖に取り乱すことなく、愛する口喧嘩友達が最期に見せた「人間らしさ」を好ましく思いながら笑う・・さすがよねぇ・・と。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]