[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) VOY感想「苦悩するボーグチャイルド」(2回目) 忍者ブログ
[595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586] [585]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題は「Child's Play」

本当、イチェブのことを誰よりも案じ、発言・行動するセブンが健気過ぎ!かつて自分が親(=保護者)の至らなさで同化された…イチェブに対して、自分は親と同じ轍は踏まない…という決意。彼女はもう、立派な親…ですね。

まだ幼いメゾッティ達ではなく、既にしっかりしてるイチェブに真っ先に親が見付かる皮肉。しかしその親は…。

冒頭、エザン達が「ナオミのクローンを作ろうとしてたのでやめさせた」という話があっておいおいという感じですが、もしかして双子なだけに、両方ともがナオミが欲しくて、もう1人ナオミを作ればいいじゃん…という結論に達したんだろうか…?と深読み(というか邪推)してみたり。

ボーグと戦うのもいいですけど、でもそれは、成長してから自分自身の意志で決めるべきであって、親が何も分かっていない子供に強制していいもんじゃないですよね。全くもって、セブンの言う通り!

ちなみにイチェブの父役の人はCSI:の「哀しい運命」で、死んだモデル美女のエージェントだったロッド役の人で、それはぼんやり憶えてるんですけど、CSI:NYの「口止め」…港湾労働者がぺっちゃんこ+木に激突した死体の回にも出てて、こっちではどんな役だったか不明。

さらに言うと、イヴェルというブルナリ男性…多分、イチェブを誘ってたあの子だと思うんですが、その役者さんもCSI:とCSI:NYに両方出てます。CSI:が「流血のストリート」で、タクシー運転手を暴行して死なせた1人、NYが「1マイルに1人」で、地下で死んでた作業員ピート役。どっちもあまり、頭賢くない役柄…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
VOY感想「苦悩するボーグ・チャイルド」
イチェブ~!!親に2度も裏切られたのに、恨んだり怒ったりすることもなく、むしろ自らの「責務」を果たせなかったことを心配する彼が、何ともいじらしいっちゅうか、何というか・・。「ん~もうっ!」って感じ(?)です。泣かせる子ですばい・・。昔あった、元看護婦の母親が、娘に薬物投与して病気にさせてたって事件の、娘のコメント「病気だったんなら、許してあげる」を思い出しました。世の中、親の愛の素晴らしさが称えられことはよくありますけど・・・・絶対的な愛情の深さ・例え殺されかけても「赦す」慈悲深さは、決して親側の専...
URL 2008/06/02(Mon)19:54:26
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]