[PR] 浮気調査情報 スタートレックシリーズ感想ブログ(ネタバレ有) TNG感想「英雄症候群」 忍者ブログ
[264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原題はSarek。

サレック・・マーク・レナードも年とったというか、痩せたよなぁ・・と。TOSの頃、それなりにがっちりしていたあの人が・・(実際Unificationの後で亡くなってますし) 虚構の物語ではありますが、その中で描かれる「老い」(というテーマ)は、演じたマーク・レナードという俳優自身・・つまりは「現実」にも、確実に影響が及んでいた訳で(サレックのような、病によるメンタルの質低下はまだ、無かったでしょうけど)、なんというか・・深い、深いよなぁ・・と。老いの中で老いを演じ、そしてその先に忍び寄る死を、彼・・レナードはどう考え、どう受け止めていたのか・・。

やはりサレックがピカードの前で感情のコントロールおよびヴァルカンとしての尊厳を、失い果てた姿をさらすシーン(む、酷い・・)と、そのサレックの苦しみを、精神融合でもろに受け取ったピカードのシーンが印象的。その場で苦しんでいるのはピカードでも、それはもともと、サレックのものな訳で、こんな過酷な苦しみが続き、悪化こそすれ良くはならない・・死という形でしか、終わらない・・。かくも現実は無残・・。

それでも、精神融合でピカードがサレックから受け取ったのは苦しみだけではない・・病で混沌とはしていても、その奥の気高き精神・・そして何より、家族への想いを彼は受け取った訳で、そのことがせめてもの救いというか。

演奏会で、一人やけに老けた士官がいて驚きました。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
●2001年7月から某所で書いていた感想日記の移植版です。 ●基本的にテレビ本編&映画の感想はネタバレ有、小説の感想はネタバレがある場合「続きを読む」で・・というスタンスです。 ●ブログ内の画像の無断転載・二次使用はお控え願います。
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
職業:
OL
趣味:
映画鑑賞、お絵描き
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ルナ]
[06/01 pengo]
[05/30 曜]
[05/28 通りすがり]
[01/28 曜]
バーコード
忍者ブログ [PR]